カメラが止まらない!

000029-2.jpg

カメラが欲しい。

これは止まらない欲望なのだ。

そう、男のロマン

 

ここのところ、フルサイズミラーレス一眼界隈がざわついてる。

SONYのαシリーズをはじめとして、

ついにNikonCanon

さらにはPanasonicSIGMAまでもが新製品の発表ないしは、

開発の発表を行った。

 

あぁ、熱い!

熱すぎて、まだ触れません!

なんかみんなキラキラしてる!

眩しくて凝視できない!

 

基本的には、SONYが欲しいんだが、

Panasonic、Laica、SIGMAが共同で育てていくであろう、

Lマウント連合がとても気になる!

Panasonicのスチールもいい写りをするみたいだし、

そもそもFovenonセンサーは大好物!

そこにライカのレンズ…!

高額すぎて爆死しそうだけど、魅惑的!

 

しかし、全体的にお値段は張るよなぁ。

もんもんもんもん…っいう状況が続いてる。

 

とにかく、PENTAXはもう見限った。

SONYのRX100m4はいいカメラだけど物足りない。

一眼レフの写真を撮る楽しさをもう一度!

 

悩みすぎて頭おかしくなりそう。

とりあえずGR機の新作を買って、

ミラーレス一眼の様子をしばらく見るか…。

(違う、そうじゃない感)

やっぱり文章を書く練習を!

練習あるのみ

ということは分かってるけど、なかなかそうはいかない。再開してもすぐに三日坊主で終わってしまうのが世の常です。

 

さっき改めて「note」を触ってみたけど、あれはあれでいいと思った。SNSとブログの合いの子みたいな感じで。ただ、文章書くには、個人的に純粋なブログサービスが良いのかなと。

 

外部から引用するバリエーションが多いのも、いいなと思うサービスの1つ。

 

そして、モバイルアプリでも、結構色々とできる感じ。

 

あぁ、これが習慣化すればいいんだけど。

f:id:lofnote:20180628094148j:image

くだまつ笠戸島アイランドトレイル2018

 2月11日山口県下松市笠戸島で、

僕にとって人生で2回目のトレランレースに参加した。

しかも今回は30キロ!

本当に完走できるか心配の中、当日スタートの時間を迎えた。

スタートは8時45分。

気温がとても低くとても肌寒いが、晴れ間の見える絶好のトレラン日和。

笠戸島アイランドトレイルはとても人気のあるレースで、本当に多くの人たちがこの日を待ち望んでいたんだろう。スタートゲートには所狭しとランナーたちが集っていた。

 

5時過ぎに家を出て、会場近くの駐車場に着いたのは7時半前。

ここからは会場へ向かう送迎バスが出ていた。

着替えを済ませてさぁいよいよスタートゲートへ!

着替えのための控え室は本当に多くの人が。

やっぱり男性ランナーの方が多いのか。

 8時45分にロングコース30キロ、いよいよスタート! 

まず最初はロードを少し走り、トレイルへの道の入り口には恐竜が!!

トリケラトプスの口の中を通する。

少し丘をのぼると、目の前に広がる瀬戸内海。

さぁいよいよ森の中を駆け巡るぞ!

森の合間から見える絶景、ここは尻高山

この大会はとにかくボランティアの人数がすごい!

なんと380人も。

地元の人たちも大勢駆けつけて、大漁旗を振って応援してくれた。

強い風にたなびく大漁旗に応援されて、

ちょっとずつ削り取られて9大力を振り絞ってエイトまで走った。

エイドでエネルギー補給をした後の上りの辛さったら!